からめる短歌ステーション・Caramel

ひとりではできないこと、しませう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
野田 薫×田丸まひる
「回線番号2023」

満天の星空の下、いまきみがどこにいるのかさっぱりわからない  野田 薫

この星のいちばん寒い空を飛ぶ鳥は炎をまとっているの  田丸まひる

ぼんやりと気候の違いを感じつつ何を呟いたっけ 冬かな  薫

火の羽根をもつ蝶々の標本をさっき作ったから送ります  まひる

ひらひらとひかる火をみるぼくたちはたぶん地中にいるように見える  薫

誕生日ケーキ今すぐつくりたい誕生日でもないひとのため  まひる

一年がやたらと長いこの星に生まれたんですお待たせします  薫

そばにいて(フォボス)温度や舌触り(ダイモス)同じものを食べたい  まひる

衛星に紛れて回る無機質なものが振り撒く孤独に気付く  薫

回線を蝕んでいく愛しさに気づかないふりだけ上手くなる  まひる


こんにちは、お元気ですか?
こちらは今日も平穏です。

あ、そうだ
きのうの流星群きれいでしたね。

流れ星みたいに
途切れ途切れ、そんな回線だけど

これからもよろしくお願いします。

土星から、薫より



こんばんは、元気にしていますか?
こちらは少し寒いです。

流星群、見た、見た。
同じ流星群だったら、いいのにね。
今夜も流れ星を見つけたひとはしあわせになれるって聞いたから、
今から探しに行ってきます。

いちばん明るい星をデザートに。

火星から、まひるより


短歌×短歌



繊細少年・野田 薫くんとのコラボです。
からめる男子シリーズ第一弾(何


結。

です。



↓野田 薫くんのブログ
さしあたり大丈夫
| 野田 薫×田丸まひる | 20:06 | comments(2) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
COMMENT
LINKS
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS