からめる短歌ステーション・Caramel

ひとりではできないこと、しませう。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
西宮えり×田丸まひる(日)
*日曜日*

こいびとに叱られながら日曜に贅沢品として買う金魚

今日もわたしの車はかわいらしく
パイロンふたつほど蹴飛ばして帰ってきた


あなたはピンク色
あなたは快活
あなたは元気
あなたは元気でいてほしい
とどきそうなものはみんな
とどきそうなままそこにある


何も決まっていないことが運命なの
しゃがんだり笑ったりしながら
わたしはあなたを待つ
わたしはここでゆれている


わたしはここにいます


短歌・田丸まひる 詩・西宮えり



どうしよう。
終わっちゃった。

えりさん、ありがとうございました。
ほんとにありがとうございました。

また手をつなげる日を楽しみにしています。



↓西宮えりさんのブログ
aglio-e-olio
| 西宮えり×田丸まひる | 20:39 | comments(0) |
西宮えり×田丸まひる(土)
*土曜日*

はつゆきの土曜のいつになく深い午睡だれにもさらわれないで

舌の先がつめたい
レースのカーテンいらない
もっともっとあびたい
化石の名前をひとつひとつ呼んで


薄緑色の背もたれで
わたしはあなたと一緒だったから
同じスプーンを使いっこしたの
夢はみたことがなかった


たまについた嘘は
埋めました


短歌・田丸まひる 詩・西宮えり



微睡みなのに深さを求めた。
ひとりなのにぬくもりを求めた。

次回更新の日曜日が、一応、最終回です。
日曜になりませんようにと願ってしまいそう。



↓西宮えりさんのブログ
aglio-e-olio
| 西宮えり×田丸まひる | 22:41 | comments(3) |
西宮えり×田丸まひる(金)
*金曜日*

臆病なひとの背中を押すひとになれないシチュー煮立つ金曜

柿の種にピーを入れたのは誰だろうね

やっぱりコンビニでホット烏龍茶買ってしまうね

柿の種を自力でつくるならいくらかかるかね
ブロッコリはいつ咲くのかね


わたしいくらでも眠れたよ
眠るのが仕事なくらいに
わたし目の前を流れるものを食べて生きてきたのです


はみ出しそうになるのは
慣れてない
器用じゃない
わたしのせいじゃない


口をぽっかりあけていたら
生きてこられたのです


ただそれだけのことで
教わったことがたくさん
ひとりぼっちのわたしたちの
やわらかい夜どうか
やわらかいままいらっしゃいませ


短歌・田丸まひる 詩・西宮えり



いらっしゃいませと迎えてくれたあなたは、
わたしが立ち去るとき、なんと言うのでしたっけ?

もう金曜日。一晩寝れば土曜日。土曜の朝はどんな顔を見せてくれる?



↓西宮えりさんのブログ
aglio-e-olio
| 西宮えり×田丸まひる | 22:41 | comments(0) |
西宮えり×田丸まひる(木)
*木曜日*

晴れるって言ったじゃないの木曜の空に突き刺すかよわい日傘

坂道で自転車をこぐのはすきだ
上り坂でも下り坂でも
上るときには目の前がゆれる
下るときにはとけていく


どうしても逆らいたくないのよ
わたしひとりが生き残った


背中を押してくれるのは
押してほしい人ではなく
まんまるいフレアスカートの
白い肌の
とりわけ赤い頬の
もうしわけない人


どうしても逆らってしまう
あなたの裸足をさらしてごらん
あなたはとてもかわいい人だから


ちぐはぐなわたしは誰より
かわいいかしら


短歌・田丸まひる 詩・西宮えり



えりさんとのコラボ、折り返し地点。
残りは週末、金土日。

さびしくない金曜をちょうだい。
| 西宮えり×田丸まひる | 23:06 | comments(0) |
西宮えり×田丸まひる(水)
*水曜日*

水曜は定休日 でもこの髪を切らなきゃ明日は会えない呪い

雨がふる今日 雨なので
ありがとうを言いたい人がいる


でもひとつぶひとつぶが松葉のようで
またもやゆがむ硝子を見つめてしまう


ああそれはあれですね
人形があるでしょう、樽の中の、海賊の。
あれはね、あの子、空気をわって飛んでいったら
また樽におさまる時にはもう別の何かなのです。
まばたきをせず
おびえているか
ほこらしいのか
それはともかく
ほんとうはわたしたちのせいじゃないのです。


ありがとうかなしい
雲の下ではようやく
さんごを拾いに海岸へ
明日のお天気 それはともかく


短歌・田丸まひる 詩・西宮えり



終着点が見えないのに、なんであっちが、
あんなに輝いてる気が、するんだろ。

木曜はどこで泣いているあなた。
| 西宮えり×田丸まひる | 21:19 | comments(0) |
西宮えり×田丸まひる(火)
*火曜日*

わたしにも値段がほしいバスタブで食べる火曜の特売アイス

きょうは、ホットケーキです。
ホットケーキってしってる?
パンケーキではないのよ。


それは、草かんむりです。
草かんむりってしってる?
シロツメクサではないのよ。


苦い
茶いろの
薬の
ことよ。


そしたらあなたは
わなにはまって

花花花花花花花花
花花花花花花花花

とわらう。


あたしはこげめのすきまから
たちまちバニラにはえかわり
あなたがもっている
ほんとうの芽とやらに
あまくおいしくのしかかる。


短歌・田丸まひる 詩・西宮えり



花咲くような火曜日をあなたに。
わたしたちは、かわいいもののために生きていくから。

水曜日、お楽しみに。
| 西宮えり×田丸まひる | 22:32 | comments(0) |
西宮えり×田丸まひる(月)
*月曜日*

月曜のわたしを起こしたいのなら点火のようなキスをしなさい

1002,1203,1101,0910,1218,1119,0405,1224,1014,0222
車の窓に初めて霜がおりた月曜
降ってきたたくさんの誕生日を思い出した


あたしは寒いから
寒い人のことたちを思い出して
もしかしたらきらきらの重なりこそが
もっと輝くのかもしれないと思ってた


だけどあたしたちはやわらかい
毛布の中でおたがいの
なみだをふわふわふきあって
やっと地球が回ってる
とかそういうのを抱きしめた


発火する一歩手前の
天道虫が羽根を広げるその日に
あなたは生まれて


あたしはねむる
もう一度
何度でも
霜がとける瞬間を思い知りたくて


短歌・田丸まひる 詩・西宮えり



おまたせしました。
西宮えりさんとのコラボレーションです。
うつくしい調べのえりさんと、からんでいきます。

月曜があるということは、次はもちろん……お楽しみに。
| 西宮えり×田丸まひる | 23:01 | comments(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
PROFILE
ARCHIVES
CATEGORIES
COMMENT
LINKS
モバイル
qrcode
SPONSORED LINKS